訪問看護ステーションさくら 訪問看護ステーションたんぽぽ
訪問リハビリテーション
リハメンバー

訪問看護ステ-ションさくら・たんぽぽでは24時間住み慣れたご自宅での生活が維持できるよう優しさと思いやりと確かな技術をもって看護を提供することをモット-としています。地域ぐるみのコミュニティケアをめざして法人全体で地域住民の支援をしています。

訪問リハビリとは

ご自宅で安心して療養生活が送られるよう、主治医の指示の基で看護師等が訪問してお世話をいたします。病状観察や必要に応じて点滴・床ずれなどの医療処置や認知症の進行防止、ターミナルケア、看護師によるリハビリテ-ション、療養生活上の健康相談・介護方法の相談・助言などの支援をいたします。

対象者

介護保険、医療保険のいずれかの制度を活用できます。

  • ①   介護保険の利用者(介護状態にある1号・2号被保険者)
  • ②   医療保険の利用者(原則、介護保険の利用者以外。
          主治医が特別指示による訪問看護が必要と認めた場合)

訪問リハビリの具体的な内容
  • 24時間体制でタ-ミナルケアや難病の方々を積極的に支援いたします。
  • 地域の病院・診療所の先生方と連携を密にしています。
  • 明るく楽しい職場で、訪問看護師歴の長いスタッフがたくさんいます!
  • 法人内・外の研修に積極的に参加できるようにしています。また、月3回、定期的にケアカンファレンスを実施しています。受持看護師によりプレゼンテーションを行い、看護問題の検討や情報共有の場として常に学習を重ねています。
  • リハビリスタッフとして、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の専門スタッフが活躍しています。
サービス内容
  • ■   病状の観察、血圧・体温・脈拍などの健康チェック
  • ■   療養上のお世話、食事や排泄などの介助や指導、身体の清拭、入浴介助、洗髪の実施等
  • ■   医師の指示に基づく医療処置、自宅での点滴の実施や軟膏処置など
  • ■   医療機器の管理、在宅酸素、人工呼吸器などの管理
  • ■   在宅でのリハビリテ-ション、関節の拘縮予防や筋力低下防止、嚥下訓練等
  • ■   ターミナルケア、がん末期や難病等終末期の症状のコントロ-ルと自宅で のお世話
       (連日訪問可)
  • ■   認知症のケア、認知症の介護相談、薬の管理、回想法のケアの実施等
  • ■   ご家族等への介護相談・支援 介護方法や利用できる制度の活用等の相談・ 助言・
          情報の提供等
  • ■   床ずれの予防・処置 床ずれ防止の工夫や指導・処置の実施等
  • ■   介護予防、低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス
サービス提供体制
  • (1)   緊急時の訪問看護を実施する体制あり(24時間365日)
  • (2)   特別な医療処置を必要とする利用者の受け入れあり経管栄養(胃ろう・腸ろう)
訪問看護イメージ写真 中心静脈栄養法(IVH)
点滴・静脈注射
膀胱留置カテ-テル
腎ろう・膀胱ろう
在宅酸素療法(HOT)
人工呼吸療法(レスピレ-タ-)
在宅腹膜灌流(CAPD)
人工肛門(ストマ)
人工膀胱気管カニュ-レ吸引
訪問看護の流れの図 Q&A

Q  : 訪問看護のサ-ビス提供地域はどこですか?


A  : 千種区、昭和区、中区、東区、守山区、名東区 訪問看護が可能な地域として、
        南区を中心とした隣接区に訪問できます。
        現在のご利用は南区8割、瑞穂区1割、緑区若干名です。
        どの区にも訪問看護ステ-ションが複数ありますが、利用者の居住地から近くにあり、
        緊急時に対応できる訪問看護ステ-ションへ依頼することが多いと考えられます。
        ★訪問エリアについては、お問い合わせください。


Q  : 利用料金はどのくらいかかりますか?


A  : 介護保険制度・医療保険制度に応じた料金となります。
        また、病気の種類や訪問回数等により利用料金が変わってきます。
        ご利用の前に1ヶ月間の見積もりをおだしできますので、ケアマネジャ-や
        病院のケ-スワ-カ-等を通じて一度お問い合わせください。
        ※ 病名や経済状態等により、医療費の助成制度が受けられる場合があります。


Q  : 月何回の利用ができますか?


A  : 介護保険利用の場合、利用者のご希望や医師の指示・助言、
        ケアマネジャ-のケアプラン等を基に、週1回や週3回など回数を決めることができます。
        医療保険の場合、原則週3日まで(看護とリハビリの回数を合わせて)となっています。
        但し、厚生労働省の定めた疾患(末期のがんや難病、特別指示等)は、
        1日3回まで訪問できることが定められています。


Q  : 熱がでるなど具合の悪いとき、特に夜間や日曜日など誰に相談すればよいでしょうか?


A  : 緊急の場合、営業時間内外を問わず訪問看護ステ-ションの看護師に24時間連絡が
        とれる体制となっています。


   ○   介護保険を利用される方は、希望者に対応することができます。
   ○   医療保険を利用される方は、訪問看護の利用者全員に対応することができます。
   ○   但し、介護保険・医療保険ともにリハビリのみ利用される方は、対応できません。
        24時間連絡対応をご希望の場合は、訪問看護を定期的にご利用していただくよう
        お願いいたします。