善常会居宅介護支援事業所 居宅介護支援事業所たんぽぽ
居宅介護支援事業所
サービス内容

ご利用者が適切に介護サービスを利用できるようにするため、ご利用者の依頼のもと、介護支援専門員(ケアマネージャー)が居宅介護サービスの計画をお立てします。その計画に従い、サービスが提供されるようにサービス提供事業者との調整を行います。

対象者、対象者の具体的な例

日常生活を送る上で支障があり、要介護認定を受けられている方

より具体的な例

居宅介護支援は、介護サービスその他の保健医療サービスや福祉サービスをご利用者が適切に利用できるよう、要介護者であるご利用者の依頼をうけて介護支援専門員が行う、ご利用者の自立した日常生活の支援です。介護支援専門員は、ご利用者の解決すべき課題の把握(アセスメント)や、居宅介護サービス計画(ケアプラン)の作成、サービスの実施状況の把握(モニタリング)、給付管理業務、サービス事業者との連絡調整等を行います。また、介護認定の申請代行や、市町村からの委託に基づき、認定調査を行います。

Q&A
Q:費用は?
A : 介護保険から原則10割給付されます。
  (ただし、保険料の滞納等により法定代理受領ができない場合には、
   1月当たりの利用料(報酬額と同額)をご負担いただくことになります。)

Q:ケアプラン(介護サービス計画)とはなんですか?
A : 介護保険サービスをどこの事業者からいつ・どれくらい受けるのか利用する介護サービスの
   種類や内容を定めたものをケアプラン(介護サービス計画)といいます。
    ケアマネジャー(介護支援専門員)が家庭を訪問し、利用者や家族の方と相談のうえ、
   利用者の心身や家族などの状況を勘案し、どういうサービスをどれくらい受けるのかを決めて
   いきます。 なお、ケアプランの作成費用については、利用者負担はありません。

Q:ケアマネジャー(介護支援専門員)とはなんですか?
A : 保健師、看護師、理学療法士、社会福祉士などの資格所持者や、保健・
   医療福祉関連の現場で一定期間の実務経験を持った者のうち、
   試験に合格し実務研修を修了した介護保険の専門家です。
   利用者の心身の状態や家族などの状況を把握してケアプラン(介護サービス計画)を作成したり、
   市町村・主治医・事業者と利用者との間に立って必要な連絡調整を行います。